【将来を見据える】30代になったら家計診断を始めよう【Financial Planner Consultation】

30代からの家計診断

20代までは行き当たりばったりでも大丈夫かもしれませんが、30代からはライフプランを計画して行くことが重要になってきます。「家計診断に興味があるけどすぐに申し込む勇気がない」という人に向けて、このサイトでは家計診断について簡単に説明しています。

家計診断の口コミ

漠然とした不安がなくなった

独身の頃の保険をそのままにしていたので、30代になったことを機に家計診断をしてもらいました。保険の見直しをプロと一緒にして、漠然とした不安がなくなりました。

総合的な視点からアドバイスを貰える

保険の相談だけでなく、子供の成長も考慮してアドバイスをもらって安心しました。

特定の保険会社ではない所が良い

ファイナンシャルプランナーの無料相談の場合、特定の保険会社しか提案出来ないという人はおすすめできません。私の相談した家計診断は保険会社ではなかったので、しっかり診断してもらえて満足でした。

家族

家計の相談

30代といえば、人生における主要なイベントが目白押しの世代です。結婚や子供の誕生、住宅の購入などが考えられます。まだそれほど給料も多くはもらっていないけれども、出て行くお金もあまりなく、どちらかといえば将来のための資金計画についてじっくりと考えるべき時期です。自分の家計のことは自分で計画できると考えてしまうかもしれませんが、実際にやってみると意外と難しいものです。まず、自分あるいは配偶者と一緒に計画したりすると、よほど自分に厳しい人ではない場合、途中で甘えが出てしまって計画外の出費にも目をつむってしまいがちです。そのような時、外部のファイナンシャルプランナーに家計診断を依頼することにより、身内ではできなかった厳しい指摘や管理を受けられる可能性が高いと言えます。

プランナーの得意分野

お金に悩む30代の人たちが実際に家計診断をファイナンシャルプランナーなどに依頼する場合、どのような選び方をすれば良いのでしょうか。ファイナンシャルプランナーといっても、それぞれに強みがあり、その分野での相談経験に違いがあります。相続や住宅ローン、離婚にまつわるお金のこと、年金や保険についてなど、お金にまつわる悩み事は多岐に渡りますが、まずは自分が重点的に相談したい分野における経験が豊かなプランナーを探してみるのが良いでしょう。

相談費用や内容の専門性

相談する際の費用についても、気になるところです。30代でお金の相談をしたいのに、外部の家計診断にそれほど費用を支払えないという人がほとんどではないでしょうか。とりあえず、あまり複雑なことは抜きにして一般的な資産運用について相談したいという人であれば、それほど高額ではない相談料で診断をしてもらえるでしょう。税金や保険など、専門的なことについて深く知りたい人の場合、やはりそれなりの費用を払って解決するのが望ましいでしょう。その場合、プランナーの保有資格や、その人のネットワークについても知っておくとスムーズです。

広告募集中