【備えあれば憂いなし】保険で節税対策はばっちり!【Financial Planner Consultation】
HOME>トピックス>【備えあれば憂いなし】保険で節税対策はばっちり!

節税対策は必須課題

経営者の方の頭を悩ませることとして節税対策があげられます。「どうやって節税対策をしていけばいいの?」という方のために節税対策の基本的な知識をまとめています。

節税対策徹底比較!保険VS物品購入

保険

黒字の際には経費として計上できる上、赤字になった際に現金として戻すことができるものです。

物品購入

経費として計上できるのは変わりないですが、物品購入の場合その後に資産として戻すことが出来ないというデメリットがあります。

説明を受けるシニア夫婦

所得控除として使える

万が一に備えられるのが保険で、万が一のトラブルが発生した時には一定の給付が受けられます。誰にでも起きそうなトラブルに関しては、多くの人が対策のために加入をするでしょう。どうしても毎月の支払いなどが辛くて入りそびれるときがありますが、節税対策が使えることを知っておくと決断しやすくなるかもしれません。支払いをしていると所得税の所得控除が受けられるときがあります。支払いをしても、所得税から一定額を減らしてもらえます。

支払額を経費にできる

会社等では利益を計算し、それを元に税金を支払います。支払った額全てが経費にできるわけではありませんが、会社の運営に必要な額と認められれば経費になります。一定の保険商品に加入すると、その支払額を経費に計上できるときがあります。税金負担が減らせるので節税対策として使えます。解約返戻金が受けられるタイプなどであれば、経費を計上しながら退職金の原資を積み立てたりできます。商品選びに気を付けなくてはいけません。

相続税を減らせる

現金資産を多く持つ人から相続を受けると、その分相続税が大きくなる可能性があります。同じ現金を受けるにしても、保険を通して受けるようにしておけば節税対策になります。相続人一人当たり一定の控除が受けられます。

広告募集中