保険を節税対策に使うために知っておきたいこと【Financial Planner Consultation】
HOME>注目記事>保険を節税対策に使うために知っておきたいこと

節税は大切

どんなに儲かっている企業であっても節税対策は重要です。決算直前でも加入できる法人保険なら短期間で節税対策になりますよ。個人でも年末調整で生命保険が控除される事があります。ここでは保険による節税対策について解説しています。

法人保険のメリット

節税対策になる

法人保険の保険料を損金として計上し、節税対策にすることができます。この効果が一番のメリットになります。

決算直前でも加入できる

決算直前でも書類を数枚書くだけで加入できるのが法人保険のメリットです。短期間で決算対策の手立てを打つことができます。

万が一の備えとして

経営者に何か合った場合に会社が守られる手段として法人保険があります。1億円の保険を受け取れるものもあります。

年末調整や確定申告

パソコンを操作する人

節税の方法は様々ですが、生命保険を使用した節税対策もあります。本当に生命保険で節税ができるのか、疑問に感じている人もいるかしれません。しかし、何かしらの保険に加入していれば税金が控除されることがありますので、気になる方は確認しておくとよいです。その方法ですが、ズバリ年末調整になります。サラリーマンの方であれば年末に行われる年末調整で、また、自営業者などの個人事業主の方は、年度末に行われる確定申告でできます。その際の申告書にある「生命保険料控除」を上手く使うことで、所得税などを節税できますので実践してみる価値はあるでしょう。

控除の種類について

このように、年末調整や確定申告などで申告することで節税対策ができるのが特徴です。ちなみにこの控除は、所得税や住民税などの所得控除の一つであり、1年間に支払った保険料などの一定額が、その年にもらった所得から控除される制度のことです。この控除は、実際に対象となる保険の種類によって、次の3つに分類できます。それが一般控除と介護医療控除、そして個人年金控除です。このうち一般控除は、人の生死にかかわるもの、つまり生命保険や養老保険などが該当します。節税対策を考えている方は、一度控除の種類をチェックしておくとよいです。

広告募集中