相談しにくい家計のお金問題!30代になったら家計診断を使おう【Financial Planner Consultation】
HOME>注目記事>相談しにくい家計のお金問題!30代になったら家計診断を使おう

専門家の診断を受けよう

家計について悩んでいても、それを知り合いに相談するのは難しいことです。悩みを解決する手段としては、やはり専門家のアドバイスを受けるのがベストです。家計についての専門家といえばファイナンシャルプランナーです。家計全般の問題点を洗い出し、見直し点を提案してもらうことができ、家計に関する具体的な質問もできます。家計の問題点は各家庭により様々です。特に30代は、お子さんの成長に伴い、教育資金やマイホーム資金について熟慮しなくてはいけない時期でしょう。生活全般にかかる費用とのバランスを考えながら家計をやりくりし、将来のために貯蓄していく必要があります。家計全体に漠然とした不安を持っているなら、大きな問題に発展する前にぜひ一度、ファイナンシャルプランナーに相談することをお勧めします。現時点での家計診断をしてもらい、改善方法を考えていきましょう。

診断には注意が必要です

ファイナンシャルプランナーの家計診断を受ける際には注意すべきことがあります。まず、診断の際に、年齢や職業、家族構成や収入などの情報を提示する必要があるということです。その他にも、支出の内訳やローン借り入れの状況なども細かく説明する必要があります。これらは個人情報なので、当然、不安に思われる方もいるかもしれませんが、ファイナンシャルプランナー側も個人情報の取り扱いに関しては慎重に管理しています。的確な診断を得るためにも、こちらから正確な情報を示せるように準備をしておきましょう。また、ファイナンシャルプランナーは保険募集人資格を保持しているため、相談の際に保険の加入を勧められることがあります。保険に入れば、もちろん保険料が発生するので家計の負担が増えます。そのことをよく考えた上で、必要なしと判断した場合は、はっきりと断りましょう。これらの注意点を考慮して、30代のうちに一度家計診断を受けておくと良いでしょう。

広告募集中